正しく分かる、詳しく分かる一棟マンションを売却する時に知っておきたい税金のコト

一棟マンション売却が成功する秘訣は税金にあり

節税ノウハウを知ることが、出口戦略で利益を最大化することに繋がる

不動産売却時に意外と大きい出費となるのが税金です。このサイトでは、一棟マンション売却のプロである不動産売却コンサルタント監修のもと、個人投資家が「1円でも高く売却するための節税ノウハウ」について分かりやすく解説。税金と節税方法を理解することが、出口戦略として利益の最大化に繋がるのです。簡単チェックの税金シミュレーターや節税事例など多数掲載しています。売却益に差が出てしまわないために、ぜひご活用ください。

一棟マンション売却時の税金計算例

不動産を購入したときより高く売却ができた場合、その売却益(基本的には売った金額から、買った金額と諸経費を差し引いた利益)に対してのみ譲渡所得税が課されます。

土地の簿価 3,000万円
建物の簿価 5,000万円
物件の残債 7,500万円
所有期間 3年
売却時にかかった費用(譲渡費用) 300万円

8,000万円で入手した物件を3年後9,000万円で売却した場合、譲渡所得 = 9,000万円 – (8,000万円+400万円)= 600万円、となり、税額は、600万円 × 39% = 234万円となります。

税率は、保有期間が5年を超えると変わります。39%から20%になります。不動産を売却するときにかかる譲渡所得税。せっかく利益を得ても、税金で多くお金を支払わなければいけません。まずは自分がいったいどれくらいの税金を払えば良いのか、以下のシミュレーションでチェックしてみましょう。

不動産譲渡税
シミュレーション

一棟マンションを売ったらいくら
税金がかかる?

利益(売却益)が出たら、税金の話は避けて通れない

不動産の売却を検討するときには、出口戦略としていくらお金が手元に残って、いくら税金で支払わなければいけないかを予測する必要があります。期間や用途によって大きく変わる税金ですが、節税や特例などを適用するとこれだけ「出て行くお金に差がつく」ということを【一分で分かるシミュレーション】で今すぐチェックしましょう!

不動産譲渡税
シミュレーションで簡単チェック!

マンション売却における
節税のコト

利益を出すために、知っているか、知っていないかで大違い

マンションを売却するときには、印紙税と譲渡所得税、場合によっては登録免許税がかかります。しかし、印紙税と譲渡所得税は節税術があり、場合によっては0にすることも可能です。それを知っているか知っていないかで、手元に残るお金も大きく変わります。大切なことは、節税も不動産投資も同じく利益を追求するものです。投資家として最低限知っておきたい節税ノウハウを学んでおきましょう。

どんな節税ができる

  • 売買契約書に貼付する印紙税

    売買契約書に貼付する印紙税

    不動産を購入するときに必要な印紙税ですが、不動産を売却するときに買い手と交わす売買契約書にも印紙を貼る必要があります。しかし、売り手は買い手の売買契約書をコピーすることが認められているので、印紙税を0にすることもできるのです。

  • 売却益が出た際の譲渡所得税

    売却益が出た場合の譲渡所得税

    不動産を売却したときに発生する利益には譲渡所得税がかかります。一番大きな税金といっても過言ではありませんが、不動産の保有期間やマイホームか否かといった条件で税率が異なり、場合によっては大きく節税することが可能です。

一棟マンション売却時の節税事例パターン

譲渡所得税はいったいどれくらいかかるのでしょうか?また、どんな節税方法があって、どれくらい節約できるのでしょうか?一棟マンションにおける事例を見て比較しながら、節税効果を見ていきましょう。

節税対策の不動産投資は失敗する?

不動産投資を節税目的でされているケースも多く見受けられます。経費を計上することで節税自体は可能ですが、実は損をしているかもしれません。その理由を考えてみましょう。

節税目的は失敗する?

不動産投資でも個人と法人の税金は変わる

不動産投資を事業として行う場合、個人事業主として行うのか、株式会社を設立して法人として行うかで迷う方も多いかと思います。個人事業主は所得税、法人の場合は法人税を支払うことになります。不動産投資を行う場合に税金という側面から見た場合、どちらがいいのでしょうか?

マンション投資家の
出口戦略について

出口が見えれば、そこまでの道も見えてくる

個人投資家としてマンション投資をするには、いくら儲けるのか(いくらで売却するのか)出口戦略が非常に重要になります。まずは「どれくらいの期間で、いくら儲けたいのか?」を考える必要があります。目標を定めることで、初めて物件選びやローンの設定など、具体的な戦略や行動に移ることができるのです。戦略に必要なポイントを6つに分けて解説します。

マンション投資の出口戦略について
ノウハウをまとめています

  • さまざまな出口戦略、
    出口に向けた準備と対策

    出口戦略を立てることで、いくらくらいの不動産を買えば良いのか、どんな条件の不動産を選べば良いのかが見えてきます。物件の選び方や、区分マンションとの違いなど、投資に向けて必要な準備について解説します。

  • 売却時期のタイミングは
    5年?10年?

    マンションを売却するにはタイミングがとても重要。ある一定の期間を超えると税金が安くなったり、ローンの利息部分が減ったり、あるいは逆に定期的なメンテナンス期間により修繕費がかかる場合があります。さまざまな売却時期のタイミングを常に考えておきましょう。

  • 中短期決戦型
    (インカム+キャピタル)で利益を出す

    不動産を購入してから2~5年で売却して利益を得る戦略を中短期決戦型と言います。短い期間にインカムを得て、売却する際のキャピタルゲインで大きく利益を獲得する戦略です。

  • 長期持ち切り型(安定インカム)
    で利益を出す

    不動産を20年以上の長期に渡って保有する戦略を長期持ち切り型と言います。中短期決戦型と異なり、大きなキャピタルゲインはありませんが、定期的な家賃収入が得られるのが魅力です。

  • 利益を最大化するなら
    不動産投資全体的な計画を立てよう

    中短期でも長期でも、大切なのは計画。そのためには、日頃どれくらいの利益が入るのか、いつ、いくらで売却するのかというシミュレーションが役に立ちます。また、家賃収入が下落したときの予測も建てることで、リスクを回避できます。

  • サラリーマンの副業で
    不動産投資する時に大切なコト

    不動産は株と異なり簡単に売買できないという特徴があります。また、物件を保有するには月々の税金やローンの支払、管理費など多額のコストも必要です。そのような状況で副業として効率よく利益を挙げるためには、投資ゴールを設定しましょう。

売る前に、今の利回り把握していますか?

収支計算
シミュレーション

どれくらい利益を挙げられるのか、試算してみよう

長期型の投資にせよ、短期型の投資にせよ、戦略を建てる上でどれくらいの利益を挙げられるのかを把握するのは大切。そのまま物件を保有し続けるのか、売却したほうが得なのかの判断材料になります。今すぐ便利な収支シミュレーションで簡単チェック。実際に実例を交えながら、どれくらいの収益が見込めるのか確認しましょう。

収支計算
シミュレーションで簡単チェック!

一棟マンション売却の
基礎知識

いまさら聞けない、個人投資家が抑えるべき基本的なところ

実際に一棟マンションに投資をするなら、売却の基本的な流れや、価格がどのように決まるのか、不動産会社はどのように選んだら良いのか、といった基本的な情報やノウハウを知っておきたいところです。あまりにも基礎的な知識がないまま投資を始めてしまうと、結果大きな損をするリスクも十分に考えられます。まずは一棟マンション投資とは何か、どのように行うか、基本的な知識として知っておくことが大切です。不動産投資をこれからという検討中の方は必見です。

一棟マンション投資が人気な理由と背景

一棟マンションへの投資が注目されていますが、そもそもなぜなのでしょうか?「融資が受けやすい」「空き部屋リスクが低い」「節税効果が高い」などのメリットがあります。一方で、デメリットもないわけではないので、しっかりと良い点と悪い点を理解した上で始めましょう。

なぜ一棟マンション投資が人気?
一棟マンション投資が人気な理由と背景

一棟マンションを売却する方法

マンションを売却する方法

一棟マンションを売却するには不動産会社を通して行うのが一般的ですが、その中にも「専任媒介」「一般媒介」、そして「買い取り」という3つの方法が存在します。それぞれメリット・デメリットがあり、売却価格や時期を大きく左右するので注意が必要です。

投資した一棟マンションの売却方法

一棟マンションを売却するまでの流れ

マンションを売却するまでの流れと費用

マンションを一棟売却するまでにはどのような流れがあるのでしょうか?実際に売却するときのことも考えて、査定や仲介の依頼・交渉・物件情報の開示・受け渡しといった一連の流れを把握しておきましょう。

一棟マンション売却の流れを把握する

一棟マンションの売却価格を決める要因

一棟マンションの売却価格を決める要因

一棟マンションの売却価格はどのように決まるのでしょうか?その評価ポイントを知れば、物件の選び方や、日頃のメンテナンスのしかたもわかってきて、高値でマンションを売却することが可能になります。

一棟マンションの評価ポイントはここ

一棟マンションを売却する会社の選び方

マンションを売却する会社の選び方

マンションを一棟売却するには普通の不動産会社では難しいものです。やはり一棟マンション売却の経験と実績がある会社を選ぶのが重要。また、交渉など不動産会社とのコミュニケーションによっても売却価格が左右されかねないので注意したいところ。業者選びの秘訣を解説します。

一棟マンション売却の業者選びの秘訣
マンションを売却する会社の選び方

不動産投資における
税金のコト

購入・保有・売却、それぞれの場面でかかる税金は違う!

不動産を購入するとき、保有しているとき、売却するとき、それぞれ場面ごとに必要な税金が異なります。まずはどんな税金を支払う必要があるのか、正確に把握しておきましょう。タイミングごとの税金の詳細内容や早見表・計算例など、知っておきたい税金のコトはここで全てチェックできます。

どんな税金がかかる
(早見表はこちら)

  • 物件購入前の税金・費用

    個人事業主あるいは法人として不動産投資をすると、投資によって得た所得に対して税金がかかります。あまり知られていませんが、不動産投資を始める前の費用は経費として計上することで節税も可能です。物件を購入する前から、必要経費の領収書を保管しておきましょう。

  • 物件購入時の税金・費用

    不動産購入時には、印紙税・登録免許・不動産取得税という3つの税金を払う必要があります。税金以外にも、仲介手数料や司法書士費用など、何かとコストもかかる時期なので、お金の準備という意味でも把握しておきましょう。

  • 物件保有時の税金・費用

    不動産を保有しているときには固定資産税・都市計画税・所得税・住民税などを毎年支払います。また、マンションの管理費や借入金の利息、メンテナンス費用など、税金以外の経費も物件を保有している間は必要不可欠です。

  • 物件売却時の税金・費用

    不動産を売却するときには印紙税・登録免許税・譲渡所得税がかかります。特に譲渡所得税は金額が大きいところです。さまざまな特例・節税ノウハウを知っているかどうかで出口戦略にも大きな差がつきます。