一棟マンション売却する時に知っておきたい税金のコト » 個人投資家の出口戦略について » サラリーマンの副業で不動産投資する時に大切なコト

サラリーマンの副業で不動産投資する時に大切なコト

サラリーマンが副業として不動産投資を行う際には、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?ポイントをご紹介します。

おおよそまとめると…
  • 特に売却においては、株と不動産投資は性質が異なるものだと理解しておきましょう。
  • 安易に不動産会社・物件を選ばないように。購入にも保有にも多額のお金がかかります!
  • 利益を出すために、投資のゴールとして「いくら儲けたいのか」を明確にしておくことが大切。

株と違ってすぐに売却できない

働き方改革が進む中で、副業を容認する会社も増え、それにともなって副業をするサラリーマンも増えてきました。

メジャーな副業の1つに投資が挙げられます。株や先物、そして不動産などが人気ですが、特に不動産の場合は注意しなければなりません。

確かに不動産投資は市場価値の高騰で大きなキャピタルゲインが期待できるのですが、株のように今日買って高値がついたから今日売るというようなことは不可能です。

物件を購入するにせよ、売却するにせよ、手続きが必要なので、どうしても時間がかかってしまいます。

株のように短期的なキャピタルゲインが得られるような性質のものではなく、少なくとも5年。10年、20年という長いスパンで安定的なインカムゲインを得ていくものとして考えましょう。

不動産を保有するには多額のお金が必要

不動産を購入する際はもちろん、所有するにも多額のお金が必要です。月々のローン支払いに加えて、管理費、修繕費、税金なども必要で、家賃収入を上回ってしまうケースも少なくありません。

この出費をペイできるのは、ローンを完済した30年後……なんてことも考えられます。

しかも30年間入居者がいて家賃収入を継続的に得られるという保証はどこにもありません。

安易に不動産会社あるいは物件を選んでしまうと、借金だけが残るというリスクもあるのです。

投資ゴールはいくらか、明確に設定しよう

非常に重要なのは投資のゴール、「いくら儲けたいのか」ということです。例え同じ利回りでも、1千万円投資するのと、1億円投資するのではわけが違います。

ゴールが決まっていないと、不動産会社の言いなりになってしまって、高額の物件やなし崩しに複数の物件を購入させられて結局維持できずに儲けられないまま手放してしまうというリスクもあるわけです。

まずはゴールを決めて、そのためにはいくら投資して、どんな物件を買うかという判断をある程度自分でつけられるようにしましょう。