一棟マンション売却する時に知っておきたい税金のコト » 一棟マンション売却の基礎知識 » マンションを売却するまでの流れと費用

マンションを売却するまでの流れと費用

不動産投資を行う際に、マンション一棟を売却するまでにはどんな流れを経る必要があるのか、見てみましょう。

おおよそまとめると…
  • 大まかでもいいので売却希望額を設定してから、不動産会社との交渉に臨みましょう。
  • 不動産会社の査定から引き渡しまでの流れをおよそ把握しておきましょう。
  • 諦めず根気強く交渉していくことが大切。細かいところまで打ち合わせで詰めましょう。

価格の設定

まずは不動産会社に仲介を依頼する前に、売却するマンション一棟にどれくらいの価値があるのかを知り、売却希望額を決めておきましょう。目標売却額を設定しておくことで、不動産会社との交渉もスムーズに、有利になります。


不動産会社とコンタクトをとる

次に不動産会社とのやり取りとなります。

主に以下の流れで売却が進められます。


不動産会社による査定

まずは不動産会社にマンションがどれくらいの価格で売れるのか、査定を依頼します。どの不動産会社を選べばよいのかということは別のページでご紹介するので、参考にしていただければ幸いです。


仲介の依頼

査定をしてもらい、不動産会社が決まったら次は仲介を依頼します。仲介の方法には一社にしか依頼できない「専任媒介」と、複数社に依頼できる「一般媒介」の2種類があります。


売り出し・買い手と交渉

いよいよ実際の販売価格が決定し、マンションが売り出されます。問い合わせや購入希望があったら、買い手との交渉を行います。

もちろん、売り手は高値で売りたい、買い手は安く買いたいという思惑があるので、根気強く交渉していくことが大切です。

また、後々トラブルにならないよう、細かいところまで打ち合わせて詰めておきましょう。


物件情報の開示

交渉が成立したら、買い手にマンションの情報を開示します。特に引き渡し後に不具合などが発覚するとトラブルに発展することになりかねませんので、都合の悪い情報もしっかりと開示するようにしましょう。


契約成立・引き渡し

開示された情報をもとに、買い手は物件を購入するかどうかを決めます。これで売り手と買い手の双方が納得したら、売買契約を結ぶことになります。

まずは売買契約時点で物件価格の一部を手付金としてもらい、その後売却代金の決済を行い、めでたく引き渡しとなります。