一棟マンション売却する時に知っておきたい税金のコト » 一棟マンション売却の基礎知識 » マンションを売却する会社の選び方

マンションを売却する会社の選び方

マンション一棟を売却するための業者を選ぶ方法や、売却する上での必要な事柄をまとめました。

おおよそまとめると…
  • マンション一棟売却は通常の不動産会社ではなく、専門の不動産会社を選んでください。
  • 不動産会社との駆け引きも重要。何も知らずでは交渉できません。ある程度予習して臨みましょう。
  • セカンドオピニオンを活用して売却額の妥当性(メリット・デメリット)を見極めましょう。

業者の選び方

マンションの売却価格は業者選びで決まるといっても過言ではありません。ポイントを2つ見てみましょう。

マンション一棟売却に強い業者を選ぶ

マンション一棟を売却する際には普通の不動産会社では心もとないです。通常の不動産会社では、そのマンションに入居したい人がお客さんとなります。

しかし、マンション一棟を購入する人は、入居のためにマンションを買うのではありません。あくまで投資用として購入します。購入する目的が全く違い、販売方法やアプローチも異なるわけですね。

重要なのは通常の入居希望者向けの不動産会社ではなく、マンション一棟売却に強い不動産会社を選ぶということです。そのためには、まず不動産会社にマンション一棟の売買実績があるかどうかを見極めましょう。

ホームページに取引実績が記載されている、あるいはお店に行って取引実績を教えてもらうのが良いでしょう。実際に売却予定のマンション一棟について具体的に問い合わせて見るのも良いですね。売却の流れや売却価格や売却期間などをその場で説明してくれれば、ある程度の経験が見えてきます。

また、査定から買い手探し、仲介、売買契約の締結まで、ワンストップで対応してくれる業者がおすすめです。

複数の業者に査定を依頼

マンション一棟を少しでも高値で売却したいのであれば、相場を知っておくことが非常に重要です。

複数の業者に査定をしてもらうことで、ご自分のマンションがどれくらいの価格で売れるのかを把握することが可能。不当に安く買い叩かれるのを防ぐことにもつながり、「他者ではもっと高値で査定してくれた」と交渉の材料に使うこともできます。

とはいえ、数ある不動産会社を1件1件回るのは大変な労力なので、一括査定サイトなどを使うのもありです。営業の問い合わせが来る可能性がありますが、1つの入力フォームにマンションの情報を入力するだけで、複数の不動産業者から査定結果が届くため効率的ではあります。

その中から高値で査定してくれた業者に絞り込んでコンタクトを取り、詳細を問い合わせるのも良いでしょう。

業者とのコミュニケーションにも注意しよう

マンション一棟を売却する際には、不動産会社への問い合わせや交渉などのコミュニケーションも非常に重要です。交渉一つで買い取り価格にも大きな影響を及ぼします。

自分で調べて知り得る情報は頭に入れておく

もちろん、不動産会社はプロなので、お任せしても査定から売却までサポートしてくれますが、ご自分でもある程度の流れや必要な手続き、相場観などを知っておく必要があります。流れを知ることでどのような手続き・準備が必要なのかがわかり、先回りして行動することで売却までをスムーズにすることが可能です。

また、相場観を知っておくことで、不動産会社が出した査定額が妥当なのか、不動産会社がしっかりと仕事をしているかを判断することができます。知識がないと素人だと思われて足元を見られたり、不動産会社の言いなりになる危険性も。

ついつい忙しいと不動産会社に任せっきりになってしまいますが、ご自分でもなるべく情報を集めるようにして、少しでもスムーズに、有利に事を運びましょう。

不動産業者との駆け引きに注意しよう

不動産会社と人間関係ができていれば良いのですが、初めて不動産会社とコンタクトを取る場合には駆け引きも重要です。

売り手は少しでも高く売りたい、買い手は少しでも安く買いたいというのは当然の心理で、落とし所を見つけるために交渉を重ねていきます。相手もその道のプロで、しかも交渉には慣れているので、買い叩きなどには注意しなければいけません。

まずはご自分のマンションのポイントをしっかりとアピールしましょう。周辺環境や設備、外観などの条件が良ければ、それだけ高値が付きやすくなります。

また、最初に高値の査定結果が出ていて、仲介契約を取り付けたとしても安心するのはまだ早いです。周辺の相場よりも高値で買い手が見つからず、「売り出し価格を下げて欲しい」と言われるケースも少なくありません。

期待に添えない結果になりそうであれば、不動産会社を変えるのも1つの方法です。

セカンドオピニオンを得ることも大切

医療用語で「セカンドオピニオン」という言葉があります。主治医とは別の医者に、病気の進行状況や治療法について客観的な意見をもらい、治療の妥当性やより良い治療方法を検討する方法です。このセカンドオピニオンはマンション一棟売却にも有効です。

売り手、不動産会社、買い手のどの立場にも属さない専門家が、第三者の視点で売買交渉の流れや価格などの妥当性を検証します。

適正価格・適正時期に売れますか?不動産会社に買い叩かれる要素はありませんか?売却前に必ず確認しましょう。

判断・計画が難しい場合はセカンドオピニオンに相談するのも一つの出口戦略です。メリット・デメリットを含めた中立的な視点でのアドバイスを元に利益の最大化を目指していきましょう。