一棟マンション売却する時に知っておきたい税金のコト » 一棟マンション売却の基礎知識 » マンションを売却する方法

マンションを売却する方法

マンション一棟に投資して売却で利益を出したいけど、どのように売って良いのかわからないという方のために、マンションの売却方法についてご紹介します。

おおよそまとめると…
  • 専任媒介での契約は一社専属で仲介を依頼するため、不動産会社が熱心になってくれます。
  • 一般媒介では一社に縛られないので売り手の自由度は高い。熱心な営業は期待しないほうが無難。
  • 人に知られず早く確実に売りたい場合は、不動産会社が直接買い取るという選択肢もあります。

仲介でマンションを売却する

通常の不動産売買と同じように、不動産会社に仲介してもらってマンション一棟を売却する方法が一般的です。

ただ、この仲介にも「専任」と「一般」の2種類あるので、それぞれの特徴を押さえておくことが重要です。

専任媒介

マンションの売却を希望している人が、一社の不動産会社を専属として仲介を依頼し、買い手を探す方法です。

他の不動産会社に仲介を依頼できないというデメリットはありますが、不動産会社にとっては他者に話がいかないため、営業活動に熱心になってくれる傾向があります。

また、専任媒介契約を結んだ場合は、不動産流通機構への7日以内の情報登録や、2週間に1回の報告義務が生じるので、早く確実にマンションを売却したい方にはおすすめです。

一般媒介

専任媒介と異なり、複数の不動産会社を仲介させることができます。一社に縛られる必要がないので、売り手の自由度が高いというメリットがあります。

ただ、専任媒介と比較して不動産会社があまり営業に熱心になりにくいので、なかかなか買い手が見つからないということも珍しくありません。

特に複数の不動産会社から広告がずっと出されていると、買い手がつかない「出回り物件」扱いされて、余計に売れないというリスクも孕んでいます。

買い取り

売り手と買い手を不動産会社が仲介するのと異なり、不動産会社が買い取ってから買い手を探す方式です。

確実に物件を売却することができ、人に知られるリスクもないのがメリットですが、買取価格は仲介よりも低く、市場流通価格の60%程度と言われています。

確実に売りたいなら買い取り、高値で売りたいなら仲介

以上のように、買い取りと仲介では特徴が全く違います。「いつ売りたいか」「いくらで売りたいか」を明確にして、売却方法を選ぶようにしたいものです。