一棟マンション売却する時に知っておきたい税金のコト » 一棟マンション売却の基礎知識 » 一棟マンション投資が人気な理由と背景

一棟マンション投資が人気な理由と背景

今一棟マンションが投資用として注目されていますが、どのようなところにメリットがあるのでしょうか?その理由を考えてみましょう。

おおよそまとめると…
  • マンション一棟の投資は収入がゼロになりにくいという点でリスクが少ない。
  • 外壁塗装や各種清掃の他、想定外のメンテナンスなどに費用がかかる点には注意しましょう。
  • 難易度はそこまで高くありません。メリット・デメリットどちらも把握した上で投資しましょう。

マンション一棟投資が人気の理由

それではまず人気の理由を見てみましょう。

融資が受けやすい

マンション一棟に投資することで、ある程度の収入があることが見込まれます。もちろん金額の上下はするかと思いますが、入居者が0にならないかぎり、収入も無くなることはありません。

そのため、区分所有よりも銀行の融資が通りやすいのです。

空き室リスク小

例えばマンションの1室のみを所有している場合は、そこに入居者がいなければ当然家賃収入は0になります。

しかし、一棟まるごとであれば空室があったとしても家賃収入は入ってきますので、「融資が受けやすい」の部分と重複しますが、無収入になるリスクは低いです。

節税効果

物件の購入費用や管理費などの経費は確定申告の際に計上することで所得を圧縮し、所得税や法人税、住民税や国民健康保険料を少なくすることができます。

マンション投資のリスク

しかし、マンション投資にはメリットだけではありません。次はリスク(デメリット)を見てみましょう。

想定外のメンテナンス

マンションは外壁塗装や清掃など、定期的なメンテナンスが必要で、経費もかかります。それだけでなく、例えば「設備が故障した」「災害でダメージを受けた」など、予想外のトラブルも発生することがあり、メンテナンスにも経費がかかる場合があります。

家賃滞納

まじめに家賃を払ってくれる入居者ばかりとは限りません。中には家賃を払わない・払えない人も出てきます。家賃が回収できなければ、管理費などをオーナーが肩代わりしなければいけません。

入居者の事故

入居者が部屋やマンションの敷地内で事故を起こした場合は管理者として対応しなければならないのはもちろん、責任を問われる場合もあります。

また、事故や事件で人が亡くなった場合には「事故物件」となってしまい、家賃が下落したり、入居希望者が減少したりします。

まとめ

以上のように、マンションの投資にはメリットとデメリットの両方があります。
投資額は大きいですが、難易度はアパートと同じくらいで、都内では頻繁に売買されています。

上手く投資すれば不労所得も得ることができますので、興味があったら一度調べてみると良いのではないでしょうか。